ヘルペス用抗ウィルス薬剤 通販での購入も

色々な薬
5 pill

早めの治療を

病気の治療には、早めの治療が肝心です。それはヘルペスだって例外ではありません。

ヘルペスとは、軽度の痛みを伴う発疹、いわゆる水ぶくれの症状があるウィルス性の症状のことです。風邪の華、熱の華、などという呼ばれ方もされています。身体が弱ったとき、唇の周りに赤い水ぶくれができたことはないでしょうか?もし、経験があるのであれば、あなたはヘルペスウィルスに感染してしまっています。

ヘルペスウィルスは、症状そのものは非常に軽微なもので、発症を抑える薬を服用すれば生活の支障になるようなものではありません。しかし、薬を服用しても、発症を抑えることはできても、完全にヘルペスウィルスを撲滅することはできません。このウィルスは不治の病とも言われ、一度感染してしまうと、完全に治療する可能性がほとんどないというのが特徴です。

ヘルペスウィルスは患部によって名称が異なります。主な患部は口唇、そして性器の周辺です。特に性器の周辺にできてしまったヘルペスは、薬をもらうために病院に通うというのも、恥ずかしくてなかなかできないのではないでしょうか。
しかし、薬を服用しなければ、周囲の人にウィルスを感染させてしまう恐れがあります。そこで、性器ヘルペスの発症を抑える薬の購入には、通販を利用しましょう。

通販を利用して購入すれば、病院に通うことなく薬が手に入ります。しかし通販では、当然のことながら、医師の診断を受けることができません。そのため、薬の適切な用法、用量などは事前にしっかりと調べ、正しい服用方法を学んでから、通販を利用するようにしましょう。

red pill

抗ウィルス薬剤

ヘルペスウィルスは非常に強い感染力があることで知られています。発症時、ウィルスは感染者の粘膜に潜んでおり、接触感染を引き起こします。その感染力の強さは、直接粘液と接触しなくても感染力を有するほど強力なものです。

例えば、性器ヘルペスの発症がある感染者が使用した洋式便器に、数分後、未感染者が座って用を足すだけでも、感染する可能性があります。ヘルペスウィルスに感染している感染者が使ったものを共有しただけでも感染するのです。家族の中に感染者と未感染者がいるのなら、食器が重なるようなことは避け、入浴後も湯を張り替えるなどの工夫が必要になります。

ヘルペスウィルスは非活性化状態でも感染力を有するため、発症しているときだけ配慮すれば良いものではありません。しかし、活性化している間は感染力が比較にならないほど強くなるので、まずは活性化することを抑えるために、薬を服用しましょう。

ヘルペスウィルスの対策のためには、強力な抗ウィルス薬剤の服用がもっとも適しています。抗ウィルス薬剤には飲み薬と塗り薬とがあります。

white pill

活性化を防ぐ

ヘルペスウィルスは、活性化して発症した後、二週間程度で症状が和らぎます。水ぶくれが収まり、かさぶたになって痕が残りますが、活性化が終わると痛みも腫れも引いていきます。
しかし、ヘルペスウィルス自体は撲滅されたわけではなく、人の細胞の中で休眠状態になっているだけです。細胞の奥深くに隠れ潜んでいるため、ヘルペスウィルスを根本的に除去することはほぼ不可能です。

通常時は、ヘルペスウィルスが活性化することはありません。人の免疫力が発症を抑えているためです。しかし、睡眠不足が続いたり、風邪を引いてしまったりなど、体力を消耗して免疫力が弱まってしまうと、ウィルスが活性化してしまいます。風邪の華という名称は、風邪を引いたときによく発症が見られることからそう名付けられたのです。

ヘルペスウィルスを活性化させないためには、健康的な生活を送ることが欠かせません。免疫力を高く維持することで、ウィルスの活性化を未然に防ぐのです。
体力の消耗や風邪を引いてしまうなど、ウィルスの活性化の引き金になりそうな状況になったら、できるだけ早く抗ウィルス薬剤を服用して、薬の力でウィルスの活性化を防ぎましょう。

pill box with 10 pill

風邪に注意

神経細胞の中で眠っているヘルペス菌が活動をしてしまうタイミングというのは、だいたい体の抵抗力や免疫力が低下している時に起こってしまうと言われています。特に多いのが風邪を引いてしまった時が多いようですよね。

風邪というのは誰もがうつってしまいやすい病気ですが、この風邪の前後に眠っているはずのヘルペス菌が活発化して、口のまわりなどに表れるケースが多いようです。抵抗力や免疫力が弱っている時には充分な注意をしてきましょう。